お知らせ・ブログ
news

【令和2年分所得税改正 (1)】 新設! 『所得金額調整控除』

【シリーズ 令和2年分所得税改正 (1)】

増税となる人を考慮して創設された、『所得金額調整控除』とは

令和2年分から、所得税の計算上、給与所得控除額が引き下げられます。これに伴い、所得税の増加が見込まれる者の負担を緩和するため、特に「合計所得金額が2,400 万円を超えた場合の引き下げ」などを考慮して、『所得金額調整控除』制度が設けられました。つまり、所得税が増税となる高額所得者への増税緩和策です。

【対象者】

その年の給与等の収入金額が 850 万円を超える者で、 次のいずれかに該当するもの

①特別障害者に該当するもの
②年齢 23歳未満の扶養親族を有するもの
③特別障害者である同一生計配偶者または扶養親族を有するもの

 

【控除額】(給与所得の金額から控除。最大 15万円

( 給与等の収入金額)- 850 万円)× 10%

 1,000 万円を超える場合には 1,000 万円 

 

【注意!】

今年の年末調整では申告書の様式が変わります。
「基礎控除申告書」と「所得金額調整控除申告書」が新しく加わり、「配偶者控除等申告書」の3つが1枚の様式にまとまります。
『所得金額調整控除』を受けるためには、申告書に正確な情報を書き入れる必要があります!

ご注意ください!

一覧に戻る